物件探しで下見はとっても重要

"部屋探しで下見というのはまさに必須であり、室内は当然のこと、周辺も細かく確認して、納得の部屋を探すようにしましょう。
担当者と車で現地まで行くことがありますが、少しでも疑問に思ったことは積極的に質問をするようにしてください。

 

便利さでしたら通勤や通学に合わせたチェックが必要となってきますので、時刻表などと照らし合わせてチェックしましょう。
さらに夜間に移動をすることも踏まえて、タクシーの台数や治安なども確認しておくと良いでしょう。

 

生活の便利さは人によって異なっていますので、下見でのチェックポイントは自分の生活のことを考えながら実施しましょう。
まずは自分の普段の生活をまとめてから現地へ下見に出掛けるのが最も賢い現地調査なのではないでしょうか?"



物件探しで下見はとっても重要ブログ:19年10月10日

時折、健康な体なのに、
非常に記憶力の悪い子供がいるものだが…

こういう子供は、
お母さんがアルミニウム製の調理器具を使っているために、
脳の海馬が破壊されてしまっていることが多い。

お母さんが我が子供に対して、
「この子はバカなんじゃないか?」と疑う前に、
己の無知を疑った方がいいと思う。

なぜお母さんたちが
アルミニウム製の調理器具を使うのかというと、
その調理器具の方が軽いからである。

その程度の理由のために、
我が子供の脳を犠牲にしてしまっているのだ。

調理器具は鉄製の物を使うべきなのである。
鉄製の調理器具は重たいがゆえに敬遠してしまうのだが、
鉄製の調理器具を使わなければ、
我が子供の脳を守ることはできない。

また、
子供にはアルミニウム製の缶に入ったジュースを
飲ませないようにした方が良い。
飲めば飲むほどバカになっていくだけだからだ。

アルミニウムは
体内に残留し易い物質なのである。
アルツハイマーもアルミニウムが原因だと言われている。

今まで
アルミニウム製の調理器具を使っていて、
明らかに我が子供がバカだというなら、
糠を炒って食べさせ、
それをホットミルクで流しこむことをお勧めする。

これを何度がやっていると、
体内に蓄積されたアルミニウムが排出されるので、
知能が向上して来る筈だ。

子供の頭の良し悪しは
かなりの部分をお母さんが握っているのである。

料理のたびに
フェニルアラニンやレシチンを含んだ食品を出すようにすれば、
我が子供はしっかりとした記憶力を持つことができる。

アルミニウム製の調理器具にしても、
それを使い続けたら、
我が子供の脳に甚大なダメージを与えてしまうのである。