物件探しで下見はとっても重要

"部屋探しで下見というのはまさに必須であり、室内は当然のこと、周辺も細かく確認して、納得の部屋を探すようにしましょう。
担当者と車で現地まで行くことがありますが、少しでも疑問に思ったことは積極的に質問をするようにしてください。

 

便利さでしたら通勤や通学に合わせたチェックが必要となってきますので、時刻表などと照らし合わせてチェックしましょう。
さらに夜間に移動をすることも踏まえて、タクシーの台数や治安なども確認しておくと良いでしょう。

 

生活の便利さは人によって異なっていますので、下見でのチェックポイントは自分の生活のことを考えながら実施しましょう。
まずは自分の普段の生活をまとめてから現地へ下見に出掛けるのが最も賢い現地調査なのではないでしょうか?"



物件探しで下見はとっても重要ブログ:20年02月14日

昭和三十八年に我が家にテレビがやってきた。
その時、ミーは小学一年生だった。

まだ番組がない時は
画面に大きな円形のマークが入っていた。
勿論、白黒である。

わずかなお子さん番組がある時は、
外で遊んでいてもダッシュで走って帰っていた。

母親は農家の仕事でいつも外に出ていたので、
ミーの記憶の中では、
いつも祖母と二人でテレビを見ていた。

特に、長い休みの間は
ミーは祖母と二人で時間を共有して、
テレビの前にいることが多かった。

小学二年生の夏休みの事…

ふと気がつくと、祖母が
番組の歌や配役の名前などの、
ひらがなやカタカナを、声に出して読んでいるのがわかった。

それも、すらすらとは読めない。
特にカタカナはとてもぎこちなかった。

漢字もとても簡単で、
小学二年生のミーが知っている漢字の読み方を、
時々ミーに聞いては、声に出していた。
文字がわからなくなるとミーに聞いた。

ある日、ミーはしつこく聞かれ、教えてあげたが、
その時、心の中で「何で、ミーに聞くの?」と思った。

そして、その時、
多分うっとおしいような顔をしていたのだと思う。

祖母は、ミーに気の毒そうに小さな声でつぶやくように、
「ミーは、子守り奉公に行ってたからなあ〜」と言った。

祖母が家の事情で、ほとんど小学校にも行けず、
子守り奉公に行っていた事を母親が話してくれた。

ミーはまだお子さんだったが、
小学校へ行くことが当り前だと思っていたのに、
そうではなかったことに衝撃を感じたことを今でも覚えている。

ミーはその時八歳で、祖母は七十七歳だったので、
祖母の子供時代は遥かに遠い昔のように思えたが、
小学校へ行ける自分が、
とても幸せだと感じたことも忘れることができない。