自分の理想な賃貸ガイダンス


自分の理想な賃貸ガイダンス

最新賃貸情報「自分の理想な賃貸ガイダンス」

いつも当サイト「自分の理想な賃貸ガイダンス」へお越しいただき誠にありがとうございます。
ここでは最新の賃貸情報を盛りだくさんご案内しています。

どうせ賃貸に住むのでしたら、人に自慢をしたくなってしまう掘り出し物の物件に住んでみたいものです。
最近ではデザイナーがデザインをした賃貸物件も多くなってきていますので、不動産屋で探してみると良いでしょう。

最近人気の賃貸物件が多機能型であり、タワーマンションのような設備と管理がされている賃貸もあります。
都心部では少々割高の家賃となってしまいますが、探せば理想の範囲内で素晴らしい物件と出会えるかもしれませんね。
現在ではインターネットの普及によって、わざわざ不動産屋まで出向くことなく自宅で賃貸物件探しをすることが出来ます。
実際に不動産屋で相談をしながら物件探しをするのも一つの方法ですが、その前にインターネットのご利用をオススメします。



自分の理想な賃貸ガイダンスブログ:20年02月29日
あたしが生まれて初めて経験したお葬式は、
母のお葬式でした。

母は病院で亡くなりました。
ベッドの横に立つ父親とお姉さん達の後ろに
あたしはぽつんと立っていました。

下のお姉さんが急に大きな声で泣き出したとき、
「あっ、お母さん死んじゃったんだ」と思いました。

あたしは母が入院中、
父親と一緒に何度もお見舞いに行きました。
でも、なかなか病室に入ろうとしませんでした。

あたしはいつも廊下の隅や、
非常階段のおどり場で遊んでいました。
病院のベッドに寝ている母を見るのが
とても恐かったからです。

ある日、あたしは父親に呼ばれ、病室に入っていきました。
母は「リンゴむいてあげようか?」と言いました。

あたしが覚えている母の最後の言葉です。
あたしは「いらない」と言って、
また病室を出て行ってしまいました。

あたしは病院の中を探検しながら、
「大きなお部屋にはたくさんの人がいるのに、
どうしてお母さんは小さいお部屋に一人でいるのかなあ、寂しくないのかなあ」
と思っていました。

今思えば、きっと母は、
淋しかったのだと思います。
あたしが最後までなつかなかったことが…

8月ももうすぐ終わり、
新学期が始まるというのに、
あたしはまだ夏休みの宿題も終わっていません。

それなのに、
黒い服を着た人たちが出たり入ったりと、
家の中はごった返しています。

あたしの居場所がないのには困っていました。
テレビを見ることもできず、部屋の隅で
ちょこんと一人で遊んでいるしかありませんでした。

「かわいそうに、まだ小さいから、お母さんの死がわからないのねぇ…」
という大人達の話し声が聞こえてきました。

あたしは「わかるよ、そんなこと」と
心の中で呟いていました。
自分の理想な賃貸ガイダンス

自分の理想な賃貸ガイダンス

★メニュー

家賃交渉をする時のコツ
賃貸契約する時には審査がある
良い不動産屋の条件
ターミナル型の不動産屋
流通物件と独自物件の違い
良い賃貸物件選びの近道
貴方の条件が現実的かをチェック
賃貸マンションを選ぶメリット
賃貸の物件情報で費用面を確認
物件探しで下見はとっても重要


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
サイトマップ サイトマップ
(C)自分の理想な賃貸ガイダンス