賃貸マンションを選ぶメリット

"賃貸が経済的にお得と言われていますが、それでも利便性の良い都心部などではかなりの賃料が必要となります。
しかしそんな高額賃料の賃貸物件の中でも掘り出し物と呼ばれているお得な賃貸物件が探せばきっとあります。鉄筋コンクリート造や鉄筋鉄骨コンクリート造などといった耐火構造された集合住宅のことをマンションと呼んでいます。
建物の耐久性は当然ですが、その他オートロックや宅配専用のロッカーなどがあるケースが多いです。

 

マンションについてですが、室内の設備や間取りを考えますとアパートと比較をしたところであまり差を感じません。
見た目が似ているのにも関わらず、防音対策はアパートよりも高くなっているのがマンションの大きな特徴の一つです。

 

管理体制や共用部分の設備についてですが、マンションにおきましては家賃に限ったことではなく、管理費もアパートよりやや高めに設定されていることが多くあります。
アパートでは1000円〜数千円程度となる管理費が、マンションの場合となると数千円以上からとかなりの開きがあります。"



賃貸マンションを選ぶメリットブログ:20年01月25日

みなさまは
「ねっころがり減量」ってご存知ですか?

「ねっころがり」といっても、ただ寝ているだけ…ではなく、
専用のボール(ボールは筒状のもの。それにかわるものでもOK)を使って
肉体を減量動かす法です。

ボールの上に肉体を置き、
寝っころがった状態で簡単な体操をします。
つまり、筋肉をほぐすことにより代謝を高めて、
痩せやすい肉体を作るというのが、
この減量法の目的です。

ねっころがり減量の方法はとっても簡単ですから、
誰にでもスグに始めることができますよ!

ボールの上に首・背中・腰を一直線に置き、
腕やあしを上下左右に伸ばしたり、
コロコロところがって肉体を動かすだけです。

専用のボールがなければ、マットを丸めても大丈夫。
ただ、自作だと使っているうちに変形してしまうので注意してくださいね。

この減量は
不安定なボールの上で寝っころがった状態で行います。
そのため、バランスが要求されるのです。

バランスを保ったまま体操することで、
普段、鍛えづらい
肉体の中のインナーマッスルを鍛えることができます。

インナーマッスルは肉体を引き締める筋肉なので、
この筋肉を鍛える事で基礎代謝が上がり、
痩せやすい肉体になるのです。

また、骨盤の歪みの矯正や姿勢をよくする効果も期待できます。

もちろん、
ねっころがり減量をしているからといって、
すぐに痩せるわけではありません。

一日3食のバランス良いご飯と、
適度な体操も合わせてくださいね。